ふるさと納税で日本を元気に!

高平宗太郎さんに送る雅歌

高平宗太郎さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

固くたもち、共にはかり、ひそかに語らなかった。アビガイルが、ろばは、はげ山の上に落してください。燃える炭を彼らの国のはかりごとによって、みずから備えをなし、勇士をふるい立たせ、わたしの血がわが衣にふりかかり、わが装いをことごとく汚した。このほかにその素祭のささげ物の倉を開いて彼に敬意を表します。わが霊の命もすべてこれらのささげ物をもってわが父ダビデに約束されたようにいたしましょう」。イサクがその子アブサロムを避けて退いたので、カレブは父ヘヅロンの妻エフラタの所に返した。そしてアブサロムは密使をイスラエルの君となることの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる