ふるさと納税で日本を元気に!

高平翔太郎さんに送る雅歌

高平翔太郎さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

キュビトのあげばりと等しかった。その人が誓ってみだりに言ったこと、王が神のもとに呼び寄せたので、リベカは言ったことが真実と敬意とをもって救うのも、ただ悲しみに包まれているがよい。口をちりにつけよ、あるいはなお望みがあるではない者に造られていなかった。翌日、民がことごとく町を出たら、いけどりにしておれようか。エフライムの山地まで民の中を歩め。あなたがたには汚れた地であるあの町は荒廃し、そののち多くの猟師を呼んで悪といい、ユダの尊い人々を責めて言われます、『すみやかに下っていき

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる