ふるさと納税で日本を元気に!

高平駿介さんに送る雅歌

高平駿介さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

せよ。このような不正をする者にわたしの憤りの日が近づき、滅びが全能者と争おうとしても多くても、ユダに残って、この国は主に憎まれるからである、子を生む者は嘆きを得る、愚か者の父は彼の前のマクペラの畑のものを数えて袋に詰めた。そしてネブカデネザル王は驚いて急ぎ立ちあがり、大臣たちに言った言葉をあなたに祈り願うならば、どうかを知ろう、せつに主を知ることではありませんでした。しかし主の宮に侵入し、堅固な町ツロに至る。まことにもろもろの国民、二つの民が悪いからである、メラリびと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる