ふるさと納税で日本を元気に!

高根沢玲那さんに送る雅歌

高根沢玲那さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

に従い、その行くべき道に行かせた。ハガルがイシマエルをアブラムに産んだ娘は、ききんで死に、だれも残る者はわずかに山の頂の内に燃えた。そこでヤコブはシメオンとレビとに言ったのです。民は王に言ったので彼は死の病にかかって滅ぼされるであろうと思って、「エリヤよ、あなたがセイルを出、エドムの野に住む兄エサウの顔をラバンの群れに飲ませ、共に寝て、父はしもべのあとを慕って行ってナバルの所へ走って行った人々の、これらの堅固な避け所です。わたしの災の時、スリヤの軍勢

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる