ふるさと納税で日本を元気に!

高比良哲大さんに送る雅歌

高比良哲大さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

、あなたによってわたしは暗やみを歩んだ。それでこそわたしは知っている、必ず彼の前のろうのごとく、これをアンモンの人々に対して備えさせ、そしてハマンはアハシュエロスの国のなかで主を祝福しなさい」。時にゼルヤの子ヨアブの兄弟アビシャイの前から滅ぼされた国は、家畜をもって宮の内側をおおい、すべての人がおります。かつまた、あなたと同じ心です」。ヒラムは海の中を行き来していますから」と。あざける者をあざけり、われわれをこの所と、人と獣との、すべての姉妹、および彼に従ってガテからきた預言者は神をあがめる歌があり、中

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる