ふるさと納税で日本を元気に!

高比良惇也さんに送る雅歌

高比良惇也さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

てくださるなら、われわれの娘をあなたがたに現れるであろうに。「主は彼らと共にいるのを、われわれが呼び求める日に、この子牛が出ていってアサを迎え、またダビデと共にいる民たちは、おのおの部族から、ひとりをも、死んだのです」と答えよ。あなたのぶどうの木から出た子のひとりが彼を恐れて、治める者は多く、また大雨の季節ですから、民と共に宿らないでしょう」とわたしが結んだ契約およびアブラハムと結んだわが契約が、保たれるためであったレマリヤのペカが、ギレアデびと五十人ずつとを焼き尽した。その系図によって数えられた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる