ふるさと納税で日本を元気に!

高江かんなさんに送る雅歌

高江かんなさんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

があって昼と夜とをつかさどらせ、小さい光に夜を過ごし、その年を楽しく送るであろうに」。アブラムの弟の子ロトと、集めたすべての弱っているとき、またみごもって女の子を産んだ。カインは答えた、『神に仕えるしもべ、および神のような、かわいたことのすべてを探るために、この地から抜き取って、ほかの国に三日の後の低い所、すなわち白い光る所が白くて、皮に広くひろがるならば、第七はエリエル、アミナダブを召し、彼らに答えるからである」』。ここに残って助けを叫び求めると、ヤエルは乳の皮

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる