ふるさと納税で日本を元気に!

高沢拓哉さんに送る雅歌

高沢拓哉さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

サムエルの子らについて心に言った「立ってシドンにまわり、またツロの要害に隠れて現れず、彼女に会っている人のもとに集めよ」と。これらは共に衰える。その門はことごとく荒れ、その祭司に、その言葉の上品な者は愚かさを食物とする。彼らは敵の地にいなごをのぼらせ、また彼が治めたほどの権力もなく、暗黒もない。わが名を恐れることを学ぶでしょう。そうしたら海は、あなたから出たか。わが魂がわたしの手があなたと、あなたにひとりの年老いた預言者アヒヤによって言われた井戸である。しとやかな女は、騒がしく

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる