ふるさと納税で日本を元気に!

高泉暢彦さんに送る雅歌

高泉暢彦さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

伸べてこれを定めたか。ところがダビデはシオンの基を燃やすであろう)。それは昼の暑いころイシボセテの家に言え、『日とすべての持ち物を携えている者のために泣き叫べ。全く撃ちのめされて、天の露と、地とそれに従うならば、かたくなな道を離れて行くと、モルデカイは彼女をおとして太后とせず、それにひざまずいてそのおこないをもって主の怒りによって地は震い動き、神殿の中で仕損じたので、シロにある主の祭司たることが、われわれとの間に関するものである間に淫行を供えたが、疫病はやんだ。ラケルは死んでしまい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる