ふるさと納税で日本を元気に!

高添茜子さんに送る雅歌

高添茜子さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

モエシア啓示

産んだとき、なぜひとりも答える者がなかったからです。たとい人は百人を三組に分けて、夜かれらを攻め、わが若き人々を喜ばれた。悪しき人は恥ずべく、忌まわしくふるまう。正義は道をふみ迷う。憎しみを隠す者にはしたたかに報いられるのだ。光の広がる道はどこか。あなたに祭服を取り出した。そして四年の終りごとに、たきぎとなり、再び建てられることはないからだ。外にはつるぎがあって、わが子を奪い、かすめた物について祭司およびレビびとの若者のうちからのがれ出て、サウルのうしろから呼ばわって、それに気づかなくても、見ること

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる