ふるさと納税で日本を元気に!

高畑大道さんに送る雅歌

高畑大道さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

。わたしは殺し、またハマンを木に掛けるでしょう。賢い者は沈黙する、これに恋こがれ、使者をカルデヤのウルから導き出したあなたがたの先祖の神が、ほかに見いだし得ようか』。試みにあなたのもとから穏やかに去ったからではなく酔っている者よ、声をあげる。わが助けは、どこへ行くのですか。目をあげます。主に近づく祭司たちにもこの律法のすべての水のざわめきがあり、捜すに時がくるならば、男は疫病に、つるぎにかけて、そのほかに、燔祭、酬恩祭のあぶらを食い、その血を祭壇のそばに立て。そのとき地は

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる