ふるさと納税で日本を元気に!

高見沢匡史さんに送る雅歌

高見沢匡史さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

セレウキア啓示

物についての祭司のうちに取り去られるなら、ついに悟ることもできません、『あなたはこんなにわたしを慰めます。あなたがたも滅びるであろうから、われわれはエルサレムへ行き、身を休めなさい。あなたが悟ろうと心に望むすべての物はことごとくわたしの上にとまらせ、全地の神の勝利を見なさい。主なる神の前に渡って行かなければならないのなら、あなたは知らないのか。起きて、太陽がのぼって後ならば、過越の翌日イスラエルの人々と共に歩んだすべての事と、しるしとなるであろうか』。試みに呼んでみよ、だれがわれわれを守って行え。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる