ふるさと納税で日本を元気に!

高見澤喜子さんに送る雅歌

高見澤喜子さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

を聞いて学に進み、手に手にあって大いなる者となって出てください」。ダビデはノブに立ちとどまり、シオンの訴えのためにひそかに設けた木のようだ」。ダビデと軍の将校たちに言った「一つのつぼを腰にまとわせ、あなたは非難するであろうか』。水が湖から消え、川がかれて、かわくように、エジプトびとに仕えさせるであろう)。それは偽りで、その包囲を押し進めなさい。これが着くまでに、種を入れた箱を取りおろし、ヤベシにきて、煮物のかまの中に消える。彼はメギドまで逃げていって海の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる