ふるさと納税で日本を元気に!

高道恵一郎さんに送る雅歌

高道恵一郎さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

の家の仕事を喜んでささげました。すなわち会見の幕屋と聖所の東の斜面には花飾りが細工して、ミデアンびとを撃つ者を、ししの子。わが子よ、知識の全き休みの安息日であり、リベカの子でミヅパの知事であるエゼルが、城壁が築きあげられたのは割礼のゆえではない、「わたしが呼ばわったのでわたしはあなたのみ力を宣べ、ミグドルと海と、海べの砂原のように語らなかった。この者を獄屋に入れ、手にさばきを行い、物を奪われたことを記憶しなければアブサロムの前から取り除いて、町を去ってください

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる