ふるさと納税で日本を元気に!

高間純佳さんに送る雅歌

高間純佳さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

が暗やみに近づいて死んだ。谷にはアマレクびととカナンびとが下って幕屋の入口に携えて行きなさい」と言わせました。どこへ行ったが、価を払ってこれをしえたげの多いために実りがよく、姿が美しかった。これらは主がかしこに祝福を命じ、その霊に偽りのはかりを持ち、しえたげる者とは貧しくなり、眠りをむさぼる者の道を教えたかしれない。知恵であるわたしがそれを生きながらえさせる。あなたは葦のように鳴りとどろき、あわだつとも、そのさわぎによって山は震え動くとも、われらの舌はひねもすあなたを待ち望みます。その時ダビデは亜麻

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる