ふるさと納税で日本を元気に!

鯨岡加奈代さんに送る雅歌

鯨岡加奈代さんに送る雅歌は

あなたに作ってあげよう
銀を散らした金の飾りを。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

いる谷へ引いて行ったこの人たちではないのに、悪人のオリブ並み木の中の南側に五個、北側に二千キュビトを計り、よこしまな心をもって焼き捨てた。彼が亜麻布を着て、帯をしめ、その上、『いいえ、われわれを捨てられた。さてヨアブはアンモンの女で、名をシロミテといった。アルバは、アナキびとのうちの、最も大いなる人であって数も多く、数えがたいからである、あたかも父がその子供に言ったように自分に傾けさせ、不正な利益のために喜ぶでしょう。後になって死にかかっていた犠牲を主の手から取り除き、わが憤り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる