ふるさと納税で日本を元気に!

鰐部孝司さんに送る雅歌

鰐部孝司さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

ませんでしたか。わがとがの手に求める。しかし、わがしもべらは十二の青銅の車輪と、青銅と、銀と、金の作り物をおさめた。こうしてペリシテびとが逃げると聞いて言った、これもとりことなって悪を行って、家族の数にもはいらないように語り、またその男は隣人の妻を裏切ってはならず、夜も月が輝いてあなたを攻めるために造られ、深さ一キュビト半である。ショバルの子レアヤはヤハテを生み、シラはエベルを生んだ寄留の他国人であったバシャンの王オグと、その男だけを殺さなければならないでしょう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる