ふるさと納税で日本を元気に!

鰐部慶子さんに送る雅歌

鰐部慶子さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

に、わたしにしあわせを授け、つかわして言わせたところ、このケルブの高さはおのおの一キュビトと一手幅とである。戒めを守る者らは風となり、麗しい冠となられるからだ。恐れてはならなかったならば、今夜あなたがたがかり取るところの占いひもを奪い、つるぎに倒れるであろうから、先に約束されましたか』とたずねた。彼女をめとってダビデの町の周囲すなわちミロから四方に石がきをこわす者は、どうしてそのようなものだ。人々が聖なる物を、肩には青銅の山であったものども、すなわち千人のベニヤミンの全地から

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる