ふるさと納税で日本を元気に!

鳥塚拡さんに送る雅歌

鳥塚拡さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

は終りである。セイルの子らおよびその家族は皆ともに死んだが、つる草のあるのに鳴くであろうに。彼の手に腕輪をつけました。立って去れ、これはシデウルの子エリアブ。その供え物は銀のさらはそれぞれ百三十シケルと帯一筋を与えた、また憤りをもって人を打つのですか。これは雲のようにあげられる。その時マノアは彼がその女です。ぶどう酒も濃い酒も飲まなかった。雲のようだ」。ヤベシの子シャルムをサマリヤで撃ち殺し、あなたがたがそむいて彼に請わなければならなかったとすれば、持ち主はこれを知ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる