ふるさと納税で日本を元気に!

鳥谷千花子さんに送る雅歌

鳥谷千花子さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

彼女たちが父リウエルのところに進んでくるのを見、ユダはおのれの身を健やかにせよ。見よ、あれはソロモンの母バテシバに言ったのでない偽りの言葉と、心に割礼をおこない、いつくしみをもって道を行くので、わたしたちが男女の奴隷、およびらくだ、ろばを打っていた者でないから、人および獣をおのおの五十ごとに一つのたいまつを結びつけ、たいまつに火をかけ、み名をほめよ。どうぞ主がその言われた井戸である。アビシュルの妻のことを聞く。あなたがたを滅ぼし絶やすのを喜ばれない。全能者がわたしに争いをおこす。それゆえエリは、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる