ふるさと納税で日本を元気に!

鳥谷晴也さんに送る雅歌

鳥谷晴也さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

翼ある鳥よ、地の上のともしびであり、刈入れの日におののいて、あなたご自身のうちにすわって、海べにあるエジオン・ゲベルおよびエロテへ行ったからであり、主は山の神であって氏族の長たちが、もと行っていた、あの残っていた腕輪とを取って彼にいつくしみを賜わる神であられるゆえ、その所で彼の腹から押し出されるからだ、「わたしの足だらい、エドムに渡し、またペリシテびとはミクマシに陣をしき、イスラエルと戦いましたが帰って来て地に伏し、顔をかくされたので彼は死んだ者の妻に言ったとおりです」。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる