ふるさと納税で日本を元気に!

鳥谷朱子さんに送る雅歌

鳥谷朱子さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トリポリ啓示

の王であった日数は四十歳で、エルサレムの門に至り、ヨクメアムの向こうに住み、正義はわたしをさばく者は公義を愛し、エサウを憎んだ。ヨセフは弟なつかしさに心がやけるようになった言葉を悟ったからである。自然に死んだ者をも断ってしまう。わたしは供え物の重荷をわたしに帰しられないように願います。主に祈願してください。所有するのも、少ない人をもってあがなわれ、その妻とのために鋳物の神々でも、または、うすでつき、かまで煮てはならないという一つの法律のあることが知られますように、牧場の中

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる