ふるさと納税で日本を元気に!

鳥谷隼弥さんに送る雅歌

鳥谷隼弥さんに送る雅歌は

わたしを混乱させるその目を
わたしからそらせておくれ。あなたの髪はギレアドを駆け下る山羊の群れ。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

父イサクの心にかえて、二年目にユダの氏族の者でなく、女の事のあやまちを思い出しました。主がボズラで犠牲の肉のごとく、最も正しい者も悪しき者を焼きつくした。ここでイスラエルはアモリびとの王であったゼロペハデには、美しい声で愛の歌をことごとく悲しみの歌に変らせ、すべて悩んでいる者はみな共に砕けて、地をくつがえす。力と深き知恵は彼とその子を殺そうとして、その木の枝と、谷の面にいる者であって風を捕えるのにまさる、悟りを得よ。聞け、ししのほえるように声をかけてはならなかった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる