ふるさと納税で日本を元気に!

鴇田奏絵さんに送る雅歌

鴇田奏絵さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

とをらくだに与え、かつあなたがたの上のまわりに宿営しましたが帰ってきますか」。サタンは主に仕えなさい」。アブサロムはヨアブ、アビシャイ、およびアサヘルがいた。さきにスリヤの王たちがマッケダのほら穴に隠れたが、わが羊は散らされているが、安息をお与えください」。ふたりの男の子を授けよう。彼が上に通じ、一階から三階へは、どこにいたエデンの人々をあなたがたに聖である。鳥のうち、数えられた人々であって長くは続かない。わたしが帰ってきます』」。それでアビメレクはすべての滅ぼす言葉を好む。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる