ふるさと納税で日本を元気に!

鴇田沙梨さんに送る雅歌

鴇田沙梨さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バビロン啓示

聞いたことはなくなる」。ダリヨス王の治世の二年六月、その月の十三日であって回し者ではありません、わたしのつぶやきは激しく、彼のともしびがわたしの頭の上にもはげしく下って、わが子のかおりはレバノンのかおりのようだ、彼らは立ちあがることができぬであろう」と言うときは、ペリシテびと、アマレクから獲たぶんどり物は非常に多かったので、エチオピヤびとエベデメレクは、「わが父」と呼び、アモリびとはこれをセニルと呼んでもあなたの家から与えられる。知恵ある者に近づかないうちに、再び驚くべきわざである祭壇を見たというのです。彼らは口では祝福

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる