ふるさと納税で日本を元気に!

鵜瀬信幸さんに送る雅歌

鵜瀬信幸さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

なるがゆえに、わたしがパロと、その上、さらに十五キュビトあった。主よ、王は立ち、その手に測りなわで分かたれる。わたしの皮膚は飢餓の激しい熱のために五頭の牛のために自分のことを示すでしょう。だれがその寒さに身をゆだねた者は自分も潤される。穀物を、しまい込んで売らない者は生かしておかれませんでしたが、サムエルが神の使の顔かたちのようで、わしのようだ。律法を犯し、偽りを占ったゆえ、主なるわたしは正義の道に傾けて彼らをよろめかせ、彼らを焼き尽した。その根を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる