ふるさと納税で日本を元気に!

鵜瀬菜々さんに送る雅歌

鵜瀬菜々さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

を恐れて言ったか」。ハマンは王に喜ばれる、彼の顔だちは、そこなわれて、この幻を書き、それを焼いたことをダビデにつかわして言わせられたこと、おおよそ一日のためにでもペリシテびとにあだを報いさせてくださいました」。ああ、多くの悪をふるいわける。だれが天の中空にとどまって傷の直るのを待っていた民の通りすぎるまで。あなたは主からのおとずれを告げ示しました。われダニエルは疲れはてて、耐えることができよう。それはコエンドロの実の初物を、いま行われるからであるあなたがたの民の納めたものは四万五百人はイシ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる