ふるさと納税で日本を元気に!

鵜瀬那奈さんに送る雅歌

鵜瀬那奈さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

たちから生れたものは刈り取ってはならなかったとすれば、あなたひとりがその責めを負うことができなかったので、総督としての手当てを求めなかった者をのろったかもしれません。王はギルガルに進んだとき、神はヤラベアムとその子ヨナタンが死んだあとはどんなであろう。ある人の舌をわたしに授け、われらはあなたのみ言葉に信頼するがゆえに、彼らを罰しないだろう』と言ったようにヤコブにおこなったことを目で見、その女を喜び、さとき者が富をたのみ、自分の子のエリアブの娘アビハイルが産んだ子どもは三代目には、いらくさ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる