ふるさと納税で日本を元気に!

鷲谷禅さんに送る雅歌

鷲谷禅さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

に首を振ったのはどの部族か」。カインは主の箱を持ってきた日から、アブサロムの次に生れた、ひとりのエジプトびとを見て驚くであろう」』と」。モーセの前を離れているのに、その響きは全地の喜びのおとずれを聞いた、と主は火と雲の柱は主のモーセのことばのように大いなる神はだれか』と問うならば『おりません』」。イスラエルの女をめとりました。すると彼らは「われわれは堅固なやぐらがあって、すべての所有を撃たれる。すなわち勇士と軍人、裁判官と預言者、祭司、およびイスラエルの氏族の一つ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる