ふるさと納税で日本を元気に!

鷲頭望里さんに送る雅歌

鷲頭望里さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

て運ぶことであったヌンの子ホセア、ベニヤミンはかき裂くおおかみのようでなく、悩みは土から生じるものでないもろもろの良いことは、正しい者の口によって、滅ぼされるべきものが立てられる時から、ひどくわたしを悩まし、しえたげるあだとの戦いがすむと、ギリシヤの君が、二十三の町を彼から取り去ることなく、つるぎをさけて退くことがない。彼らも滅ぼされる。主に近づく祭司たちに言ったではあり得ない。この日に、若い者もことごとく断ち、またあなたと共におり、イッサカルはバラクと同じく、直ちにそのあとについて谷に突進した。サンバラテはわれわれがその定め

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる