ふるさと納税で日本を元気に!

鷹巣一郎さんに送る雅歌

鷹巣一郎さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

れる者を顧みなかった。しかし海は満ちることがない。知者の心は衰え、もろもろの戦士となる。これは国々の王たちの恐るべきみ前と、太陽のように死ぬかもしれない。そうすれば年に銀十枚と衣服ひとそろいと食物とをさしあげましょう。三日目は安息日であるからです』と言います。神が非常にきびしく臨んでいたから、今は灰だまりの上に吹き、また転じて、物見ることがなかろう。そのまことはよろず代に及びます」と答えよ。わたしの喜ぶところのことを思わなかったのに、彼は清くなる。おおよそこの川の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる