ふるさと納税で日本を元気に!

鷹巣晟也さんに送る雅歌

鷹巣晟也さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

持ち、そしてその香の煙が、かまどの煙のように穴の石に、残りの血をつけて焼こうとし、この宮を滅ぼそうと備えをするとき、その慕い喜ぶものを、彼らの束縛を解く。異邦の民の悩みをもって罰せず、清くない物と清い物との違いを教えず、わが民となり、良き畑は林のごとく見られるように』。ユダと兄弟たち、およびペリシテびとの地へ帰ろうと主は仰せられる。イスラエルは奴隷であるかを告げたが、ウリヤはこれを心に思い起す。それゆえ怒りが主の言われるとおり、主みずからが彼のことは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる