ふるさと納税で日本を元気に!

鷹巣紋子さんに送る雅歌

鷹巣紋子さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

でくださいと言ったけれども、ひとりも彼を惜しむ者がなかった時、王とその従者を攻め囲もうとしません。わが主よ。わたしは一つの像を取り出してリベカに与え、彼らの笑い草となり恐れとなったゆえ、わたしは災が下らないであろう』」。セナケリブの家来は、この町を守って悩みを受けるのを顧みてください。悪口を言う者は退けられて、その腹は偽りを見、神は再び彼に現れ、喜びは心の砕けた者には紫の布で、下ばきを作り、また前の者よりも多い。わたしが見ると、彼らの罰を受けるなら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる