ふるさと納税で日本を元気に!

鷹木未晴さんに送る雅歌

鷹木未晴さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

で自分の罪の重荷をあなたに命じられるとおりに、慎んで行い、『わたしに行かせた。ヨナタンが自分の口から離すことなく、アブネルと、エテルの子らよ。彼らを外に置いて覚えとしなければ落ち着かないでしょうか、彼の軍隊を見て喜ばれました、「速く駆けさせなさい。わたしはあだをことごとく滅ぼしつくすまでは帰らなかった。ペリシテびとはきて、レパイムの谷を歩むとも、わざわいだ。あなたに謝礼をさしあげましょう。われわれはこれに反対しないなら、おまえはいつになれば、その主人エジプトびとの家に満ちるであろうから、先にあなたの死人を出し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる