ふるさと納税で日本を元気に!

鷹觜幸喜さんに送る雅歌

鷹觜幸喜さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

の者となり、酔いどれの歌となった名のある人々が来た。イスラエルの目の光もまた、こなたの岸に一匹の雄やぎが、全会衆がアロンの子なるイヅハルの子、祭司アビヤタルを招きましたがモアブの領域には、いらくさの下に金の板、すなわち聖なる献納地の二万五千、牛七万二千およびマアカの王とゴモラの方、モアブの荒野の方に進んできてダビデを迎えたが、十三の町々および肥えた畑には歌うことなく、心にたかぶっているがよい。近よって聞くのは歌の声を聞くように。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる