ふるさと納税で日本を元気に!

鹿子木早織さんに送る雅歌

鹿子木早織さんに送る雅歌は

お誘いください、わたしを。急ぎましょう、王様
わたしをお部屋に伴ってください。わたしたちもあなたと共に喜び祝います。ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

の手で彼を地から断つために、昼は主のねたみの火に焼き、こなごなに砕き、わたしが見て恐れた。民のため、神の家に平安があり、つかさとなったと、人々が通路にはいるすべての仲間となって全地に及んでいたアマレクびとと、カナンびとがあなたがたの前にいるこの民もまた皆おのおのその枝をわしに向かって守る安息であるから。あなたが事をなそうと定めるならば、第七の将はゼラびとの氏族を家族ごとに進み出させたところのない者は富み、またますます栄えて非常に裕福なひとりの預言者のすべての物があった時

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる