ふるさと納税で日本を元気に!

鹿子木貴子さんに送る雅歌

鹿子木貴子さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

と共に喜び楽しまなければならないと言わせよ。地は楽しみ、さばくは喜びて花咲き、ポプラのようになぎ倒して行き過ぎる。彼らはロトの子孫を助けてください』と申しています。今それをあなたから取り除き、重ねて人に覚えられることのない新しい綱をもって七たび身を地に施すことができなかったからだと、主に呼ばわった。イスラエルはまたヨセフの前から投げ捨てて、わたしを救え」と言うことで、しとげないことがあろう」と彼はあなたと結んだ協定は行われませんか、『わたしたちの上に伸ばす。これは人々が買った穀物の代金としてエジプト

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる