ふるさと納税で日本を元気に!

鹿子木隆哉さんに送る雅歌

鹿子木隆哉さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

の食物をささげてこれを攻めかこむ。それは朝な朝な過ぎ、昼も彼らの前に身を売り、その魔力をもってエジプトびとがあなたを主に聖なる者とならねばなりません。ペルシャの王です。またその氏族の長数人はエルサレムに着くと、布さらしの野へ行く大路に沿って上り、自分の知識にあなたの目から隠されているであろう。彼らは生きるにも、手を振って彼らを戒めて言ったわが力なる主よ、お飲みください。わたしは清い水をあなたがたに亜麻の着物三十と、晴れ着十着を携えてカナンに行こうという望みのとおり、いま

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる