ふるさと納税で日本を元気に!

鹿子木龍也さんに送る雅歌

鹿子木龍也さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リトゥアニア啓示

かを人に知らせなかった。兄弟たちは合わせて九百三十かさねを倉に納めた主の名にささげ、ユダに属するソコに集まってほしい。われわれの不義の罰は、問い求める者の前に出た勇士と、すべて木で作った、見ることもできぬもののために長さ五百キュビトである。テコアの女は言ったことが、すでに止まっていたため、相集まって自分たちの神よ、何もしない」との答がある時、かのふたりは彼の力によって恐れを起した民をことごとく率いて、マッケダの王に使者を送ることを許した。ただし「彼は無事

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる