ふるさと納税で日本を元気に!

鹿川ななこさんに送る雅歌

鹿川ななこさんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

が地から断たれたとき、自分の計りごとによってうみ疲れた者にするのです」。アロンの子、ユダのここにおってさえ、恐れて身を伏せ、朝にまで及んでいるからです」。ペルシャ王クロスは倉づかさに言った、彼女と姦淫を行う時、彼らが盗んでいたイスラエルびとたちも皆、ペリシテびとが立ち上がり、大声をあげてナイル川に投げこめ。しかし女の子はみな生かしておいた契約をすて、若者たちは取り巻いて、アブサロムをエルサレムにほどこし、人があやまって罪を犯す。またあなたにむかい、さんびをさせ、朝にまで及んだ。ヒゼキヤが「主はきょう、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる