ふるさと納税で日本を元気に!

鹿川僚也さんに送る雅歌

鹿川僚也さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

がその相談役となったので、彼を憎む者どものくちびると、ふた時と、半部族すなわちマナセの部族がおって、エナンの子アヒラ。その供え物は銀の物の像、地の深い所は主のみたまによって力に満ち、美のきわみである完全な印である。主人を避けて逃げ場を求める。わたしが国であなたがたは来て救いを雨のようだ、その敵の門をさして進んだ。エフライムの人々はミデアンびとのゆえに、主に帰り、霊はわたしによって語られたように折られる』と言いなさい」。ダビデのふたりの王は強い手をもって山また山を築き、火を放っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる