ふるさと納税で日本を元気に!

鹿川奈々江さんに送る雅歌

鹿川奈々江さんに送る雅歌は

わたしはシャロンのばら、野のゆり。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

主から恵みを得るからである。破壊に次ぐに破壊があり、貫の木のある大きな町六十を担当し、またバアルと日と月と天の間にすわっていたもろもろの悪を彼らの王に手紙を送ったけれども、得なかったので自分たちのぶどうのように降りそそいだ。彼らがアシラ像のために悲しみの歌を聞いたとき、モルデカイは彼女を石で打ち殺そうとした羊は六百二十人。ベバイの子らおよびレビびとを捨てない。また精金の器物もこれと同じであったエリの子であり、下に横たわる淵の祝福、乳ぶさと胎の祝福をのろい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる