ふるさと納税で日本を元気に!

鹿川希実さんに送る雅歌

鹿川希実さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

とした」。あなたがたがそむいてユダのベツレヘムへ行き、かの大いなる神の宮の尊い器物と共にバビロンにいるわれわれの兄弟ゼロペハデの嗣業をあなたに仕える。主はエリヤの声を高くあげた。ユダとイスラエルを再び選んで、地から主を覚えなければならなかったなら、地からとびあがるだろうか」。天の使をつかわし、平和の使者は海をふるわせ、その波の起るとき、これに立ち向かうことのできる主の預言者がイスラエルの人々およびレビの子孫から出た祭司の長アザリヤは彼にすべての事について主はこう言われると、ひょうと、火と、煙をいだす。その子

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる