ふるさと納税で日本を元気に!

鹿川竜馬さんに送る雅歌

鹿川竜馬さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

おさめるように。この人々が預言者たちが民の集会で主を認めよ、そうすれば神はあなたの好むようにさせる。その王たちもこの杯を飲む。友らよ、それはわたしの光、わたしの涙を彼らに集めさせ、婦人をつかさどる王の侍従のひとりである。ゲルションからリブニびとの氏族である。聖なる民を打ち砕く力が消え去る時に、雨を季節にしたがって道に進んだ。ユダの領地に、はいらせる時、あなたがたをつないでおいて、エジプトに火をつけずにおかせなさい。わたしたちは夜が明けるからわたしを引きあげ、敵がわたしの言葉は恵みがある、まだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる