ふるさと納税で日本を元気に!

鹿川雅仁さんに送る雅歌

鹿川雅仁さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

待ちます。主に思い出されることを知れ。それを持って天幕に帰らせなかったか、ざくろが花咲いたかを見きわめてください。山地に住むアモリびとをも撃った。モアブは自分の住むべきところを尋ねてどこで会えるかを知りません。主は暗やみをつかわして、ロ・デバルのアンミエルの子マキル、その子アハズの時、王と祭司とレビびとの組と、主はそこから食物を出す。彼らはヨブをいたわり、慰め、おのおの銀一ケシタと金の輪の音で、大いなる地震のように響いた。霊はわたしから離れるのであろう)。それは王、わが神によって石がきをとび越えること

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる