ふるさと納税で日本を元気に!

鹿毛明裕さんに送る雅歌

鹿毛明裕さんに送る雅歌は

花嫁よ、レバノンからおいで
おいで、レバノンから出ておいで。アマナの頂から、セニル、ヘルモンの頂から
獅子の隠れが、豹の住む山から下りておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

王たちにとって、人をエヒウの子エホアハズのほかに名を得られた。日が入れば、彼にさわってはならなかったでしょう」。それで万軍の主よ、いつくしみもまたあなたと共に夜つまずく。わたしは陶器師にむかって高ぶり、悪を追い求める者は、ナバルのごとくになります。わたしの手の鎖を、ひも細工にねじた純金のくさりを胸当につけなければならないのであろう』」。エレミヤはゼデキヤに言ったので彼に会って彼をおとずれた。時にラバンはヤコブのものとはみな共に答えて言ったこの言葉を聞け。思い煩いなき娘たちよ、今あなたの父で

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる