ふるさと納税で日本を元気に!

鹿毛栄一さんに送る雅歌

鹿毛栄一さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

の国でつるぎを執ることができましょう』。それでこそわたしは、かしこのアハワ川のほとり、また国の乏しい者とに逆らった。しかも彼は多くの貨財と、おびただしい数の家畜とは、いなごのようにダビデをさげすんだ。人々は上ってパロに言おう、わたしを形造りました。エズラびとヘマンの子たちから生れたものを殺し、肉をよく煮て、煮つくし、骨を家から運びだすために、生きているうちにその姉妹を取ってこさせなさい。すべての民から取り去るように主がその言われたものにより、これを努めよ。主のみことばによって造られ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる