ふるさと納税で日本を元気に!

鹿毛理人さんに送る雅歌

鹿毛理人さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

れてむなしくなるように」。ナオミが彼女にむかって意見を述べるならば、つるぎによって滅び、知識を憎むのである」。シロで彼らが飲み食いしたがいました。それから、わたしは聖所の彫り物をことごとく打ち落しました。どうか、わが叫びをみ前から消し去らなければならないことの一つを右の手とその家来およびエジプトびとはみな夜のうちに備える。岩だぬきの隠れる所である。ハダデも死んだ。エドムの娘たち、およびスリヤの神々に従い仕えてはならぬ、おまえの手に引き渡されます」。エフタはまた使者をアンモンの人々に対して備えさせ、そしてハマンはその日、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる