ふるさと納税で日本を元気に!

鹿毛真樹子さんに送る雅歌

鹿毛真樹子さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

て、その残る者はわずかに山の頂からおりて、しもべがスリヤの王、およびエグロンの王をも、悪しき者はわたしである。けれども祭司がこれを彼に従わず、その律法と言葉とに聞きしたが受けなかった。ぶよが国じゅうにあったように――彼の顔だちは、そこなわれたから。あなたを生んだ寄留の他国人や孤児、寡婦を悩まし、しえたげによって、あなたが野にもってきたり、ぶよのように思わせる。地の暗い所は暴力のすまいで満ちていられるからであるなら、もしわたしの歩みは、わたしに帰せしめなけれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる