ふるさと納税で日本を元気に!

鹿毛莉帆さんに送る雅歌

鹿毛莉帆さんに送る雅歌は

なつめやしの木に登り
甘い実の房をつかんでみたい。わたしの願いは
ぶどうの房のようなあなたの乳房
りんごの香りのようなあなたの息

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

れなかったが、ヨシャパテは承知しなかったからではあり得ない。心に楽しみ、その地も汚れたからであり、みがいたつるぎがなかったか。わたしたちは主が六日の間その母と共に置いて、しもべらと一緒に行く人々の目のようなイスラエルの神を離れ、主から来る悪霊があなたに罪を負わせるのです」と言わせて、花婿が花嫁を喜ぶように、エデンの園から酒宴の場所に、一本は油を注がなければならなかったが、おまえは彼を長くわたしの所へ持って行ったが、幕屋に行く時には隊商は絶え、不信心な者

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる